OMEGA

OMEGA

OMEGA

OMEGA

ブランド説明を読む閉じる

スイス時計界を代表するブランドのひとつ、オメガ。「究極」を意味する言葉通り、同社は、創業160年以上もの歴史のなかで数々の輝かしい栄光を残してきました。 NASAの宇宙計画に深く関わり、オメガ・スピードマスターは月に着陸した唯一の「ムーン・ウオッチ」の称号を獲得、さらに101メートルの素潜り世界記録を達成した伝説のダイバー、ジャック・マイヨールがオメガ・シーマスターを着けて潜っていたことは広く知られています。 1999年にはコーアクシャル脱進機の量産に成功。画期的な構造により従来よりも耐久性を高め、長期間の安定した精度を実現しました。 このようにオメガは、革新的な開発と歴史を重んじる姿勢の両方を保ちながら、現在も「究極」の腕時計を追及し続けています。

1848年 時計師ルイ・ブランが時計工房を設立。
1880年 部品のひとつから一貫生産する本社工場を、現在も本社があるビエンヌに建造。
1885年 当時としては画期的な、日差30秒以内の超高精度ムーブ「ラブラドール」を開発。
1894年 社名の由来ともなった名作「キャリバー19」が完成。部品に互換性を持たせることで、品質保持と精度の安定をもたらしたこのムーブは、研究の到達点を意味するギリシャ文字を採って「Ω(オメガ)」と名付けられた。
1900年 同社初の腕時計を発表。
1932年 ロサンゼルス五輪で公式時計を担当(以後、23回のオリンピックで公式時計を担当)。同社初の防水時計「マリーン」発表。
1948年 「シーマスター」1stモデルが発売開始。
1952年 高精度&高品質な高級ドレス系ウォッチの「コンステレーション」が誕生する。
1957年 名機「スピードマスター」がデビュー。
1965年 NASAが「スピードマスター」を公式採用。
1969年 人類初の月面着陸。「スピードマスター」も宇宙飛行士と共に月面へ降り立つ。
1970年 海底探査「ヤヌス計画」で、「シーマスター」が250mの深海実験に使用される。
1981年 ジャック・マイヨールが「シーマスター」を腕に、素潜りによる101m新記録を樹立。
1995年 映画「007ゴールデンアイ」に、「シーマスター」がボンドウォッチとして登場する。
1999年 画期的な脱進機機構「コーアクシャル」の製品化に世界で初めて成功する。
2005年 自動巻きの新作すべてに「コーアクシャル」機構を搭載する。
2007年 「コーアクシャル」の進化形として、新設計の自社ムーブ「キャリバー8500&8501」開発。

表示
方法

MODEL CATEGORY

ページトップへ ▲

ページトップへ ▲

ページトップへ ▲

ページトップへ ▲