【ハリー・ウィンストン】新作Project Z14のご紹介

2020年10月07日

皆さま、こんにちは。

すっかり秋らしい気候に変わってきました。

食欲の秋、スポーツの秋、そして新作の秋。

 

今回はハリー・ウィンストンからの新作をご紹介します。

ハリー・ウィンストンの時計作りの歴史は1989年に遡ります。

ジュエリーで使用するものより1ランク上のダイヤモンドを使用すること、他にない独創的なデザインの時計を作ることをコンセプトに掲げているそうです。。

 

 

そんなハリー・ウィンストンのタイムピースコレクションの中から今回ご紹介するのは“プロジェクトZ14”。

スペースシャトルの外装などで使用されていると言われる、ジルコニウム合金の“ザリウム”をケース素材として用いた、人気の限定シリーズの最新作。

 

 

 

 

オフセンターに配した時刻表示と6時位置には30秒レトロレトログラードのデザインとなっています。

レトログラードとは、周回運動ではなく、針が往復運動をする機構のことを指します。

30秒レトログラードであれば、30秒経過したタイミングで針が瞬時に元の位置に戻り、もう一度30秒を刻むというもの。

時計の複雑機構と呼ばれる仕組みの一つで、周回運動と違い、タイムラグが発生する為、精度を出すのが難しい仕組みです。

加えて、本モデルに搭載されたCal. HW2202は65時間のパワーリザーブと耐磁性、耐衝撃性、温度変化にも極めて強いシリコン製のひげゼンマイが使われています。

世界300本限定で発表される本シリーズは毎年完売となる人気のモデルです。ニューヨーク発祥のハリー・ウィンストンらしい前衛的なデザインですね。

 

Project Z14
リファレンス:OCEARS42ZZ001
ケース素材:ザリウム™
ケース径:42.2mm
価格:2,970,000円(税込)