ボーム&メルシエ リビエラ

2021年08月02日

皆さんこんにちは☆今回はボーム&メルシエより久しぶりに復活した”リビエラ”についてご紹介致します。

まず”リビエラ”とはイタリア最大の港町ジェノヴァを中心に東西に弧を描くように、ティレニア海に面してフランス国境までのびる海岸でヨットハーバーや小さな入り江が続く気候温暖なリゾート地です。

その美しいリゾート地をイメージしてデザインされた時計がボーム&メルシエの”リビエラ”です。

1973年に登場して以来、特徴的なベゼルとその人気の元となったスティール製ケースのシルエットは変わらず継承しています。”リビエラ”には、余暇を楽しむ文化、独立の精神、モダンなデザインの追求など、当時の風潮が色濃く表現されています。「リビエラ」は、発売当初からある種の自由と再生を体現していました。スティール製のケース、力強いシルエット、一風変わったエレガンス、時代の先を行くウォッチでした。

12角形のベゼルが特徴的なウォッチは、その時代や人々に強い印象を与えました。どの時代もアイコンであり続けた「リビエラ」は、「デザインやフォルムにこだわり、大胆さを求める」ボーム&メルシエの基本理念を常にそのDNAの中に秘めてきました。

 

戻ってきたボーム&メルシエのアイコンウオッチを是非とも手に取ってご覧下さい。

ケース素材:ステンレススティール

ムーブメント:自動巻自社キャリバーBAUMATIC BM13 1975 A

パワーリザーブ:5日間

ケース径:42mm

価格:418,000 (税込)