【BAUME&MERCIER】

2022年03月25日

皆さま、こんにちは。

3月も残すこと1週間…春の訪れに心躍らせている方も多いのではないでしょうか。

 

本日ご紹介のブランドはこちら。

BAUME&MERCIER

 

ボーム&メルシエの魅力は”確かなステータス“と”品質の良さ“です。

まずはBAUME&MERCIERの歴史から。

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)は、1830年にボーム兄弟会社として創業。

「最高品質の時計だけを作る」という兄弟の信念のもと、時計工房を開いたのが始まりです。
最先端の革新的技術を取り入れた懐中時計で、瞬く間に高い評価を獲得しました。

また時計技術だけでなくビジネスセンスも発揮し、ロンドンに初支店を設立して以降、インドからアフリカ、オーストラリアにまで販路を拡大していきました。

1920年、創業家の3代目ウイリアム・ボームと実業家のポール・メルシエがパートナーを組み、現在の社名に変更、ジュネーブに最新の製造工場を設立しました。

ここから生み出された時計によって国際的な名声を獲得することになり、
1年足らずでジュネーブの高級時計委員会から「ジュネーブ刻印」を受け、その名声は国外にまで広まったのです。

100年以上一度も途切れることなく経営を続けてきた稀少なブランドで、世界で7番目に古い時計ブランドなのです。

 

1964年には黄金比(完璧な美)を表すギリシャ文字「Φ(ファイ)」を商標として登録し、シンボルに据えてラグジュアリーブランドとしての地位を強固にしました。

1988年には、ヴァンドーム(現リシュモン)・グループの傘下に入り、次なるステージへと突入しました。

1994年にはモダンな角形時計の先駆け「ハンプトン」、1998年にはスポーツクロノグラフの「ケープランド」と、いまも残る製品を世に送り出していっています。

 

決して目立つような特徴が見える時計ではありませんが、時計本来の価値を追求した使いやすく手に馴染みやすい仕上がりとなっています。
そんな気取らない控えめなルックスに、永く使える品質の良さもあり一生ものとして愛着を持てるタイムピースになるでしょう。

現在のBAUME&MERCIERのラインナップがこちらです

★RIVIERA  

 

Riviera 10617/Riviera 10612

 

 

★CLIFTON

Clifton 10592/Clifton 10151

 

★CLASSIMA

 

Classima 10524/Classima 10543

 

 

★HAMPTON

Hampton 10528/Hampton 10629

メンズ・レディースともに充実したラインナップとなっています。

是非店頭にてたくさんのシリーズをご試着下さい。

アイジュエリーウマキではウイルス感染予防対策につきまして、マスクの着用、消毒用アルコールのご利用をお客様にはお願い申し上げ、スタッフの健康管理、及び店内衛生の維持に努めております。

皆さまのご来店心よりお待ち申し上げております。