OMEGAとオリンピック

2021年07月27日

皆さま、こんにちは。

いよいよ1年遅れで東京オリンピックが始まりました。

様々な見解がありますが、寝不足な日々が続きそうです。

出場するアスリートの皆さんには目標に向かって、是非頑張ってほしいと思っています。

 

さて、時計とオリンピック?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、スポーツと時計ブランドは実は切っても切れない

関係なのです。

というのも、ほとんどのスポーツは時間と密接な関りがあるからです。

中でもオリンピックともなれば競技数も多く、世界記録のかかるレースも多くあり、よりタイムに注目の集まる大会です。

オリンピックは開催国が様々な過程を経て選ばれるように、公式のタイムキーパーもコンペによって決定されると

いわれています。

1932年以降、単一の時計ブランドが公式タイムキーパーを務めるルールが出来て一番多く担当しているのがOMEGAなのです。

“時間を図る”“切り取る”という分野において、技術と信頼の表れがオリンピックの公式タイムキーパーとも言えると思います。

 

そんなOMEGAから東京オリンピックの記念モデルが発表されています。

 

ムーブメントは15000ガウスの耐磁性能を誇るキャリバー8800。

METASのマスタークロノメーターの認定を受けた精度抜群の機械が搭載されています。

白い文字盤にブルーのセラミックベゼル、シーマスターの赤いロゴでカラーリングもスタイリッシュ。

夏に着けたい一本です。

 

 

 

 

シーマスター ダイバー300M

コーアクシャル マスタークロノメーター42㎜ 東京2020

ref. 522.30.42.20.04.001

価格. 660,000円(税込)